>

外食チェーン店が行う食物アレルギー対策

お店の対策を調べてみよう

トラブルを絶対に起こしてはいけない

アレルギーを起こす可能性のある食材

メニューの名前や写真を見るだけでは、どんな食材が使われているのか判断できません。
アレルギーを持っている人は、自分が該当する食材が使われていたら大変です。
反応を起こしたら大変なので、トラブルを起こさないようにメニューに食材を記載している外食チェーン店が増えています。
小麦や甲殻類など、発生する可能性のある食材を全て書いています。

ですからメニューを見るだけでも、自分が食べられる料理を判断できると思います。
アレルギーを持っていても、楽しく外食したいですよね。
そんな人のために、外食チェーン店では工夫をしています。
メニューを見るだけでは不安だったら、お店のスタッフに直接聞きましょう。
その方が、より安全です。

トラブルが起こらないようにする

お客さんが提供している料理を食べてアレルギー反応が起こったら、お店の評判に関わります。
何もメニューなどに記載がなかったら、不親切なお店だと思われるかもしれません。
トラブルが起こったお店を、利用したいと思う人はいないでしょう。
お客さんを減らすことに繋がるので、どこの外食チェーン店でもアレルギー対策に力を入れています。

また、アレルギーを持っている人のこともきちんと考えることで、お客さんを増やすことができます。
誰でも気軽に来店できるということを売りにすれば、これまでアレルギーを理由に外食を控えていた人も来てくれるでしょう。
アレルギー反応の可能性がある食材を赤い文字で書くなど、見やすい工夫をしています。


このコラムをシェアする